Blog&column
ブログ・コラム

太陽光パネルを長持ちさせるためのポイント

query_builder 2024/02/01
コラム
25

一般的に、太陽光パネルの寿命は30年以上です。
しかし適切な対策をすることで、さらに長持ちさせられる可能性があります。
そこで今回は、太陽光パネルを長持ちさせるためのポイントについてご紹介します。
太陽光パネルを長持ちさせるためのポイントとは
■定期的に点検やメンテナンスを行う
太陽光パネルは雨風や埃などにさらされているため、劣化や故障のリスクがあります。
そのため、定期的に点検やメンテナンスを行うことが重要です。
目安としては、年に1回程度パネルの清掃・固定状態の確認・発電量の測定などを行うことが推奨されています。
■メーカー保証を活用する
太陽光パネルは、メーカーによって保証期間や保証内容が異なります。
保証期間は10~25年程度のものが多く、保証内容はパネルの性能や品質に関するものが主です。
メーカー保証を活用することで、太陽光パネルのトラブルに対応できるほか、長期的な発電性能を確保できるというメリットがあります。
■施工品質が高い業者に依頼する
太陽光パネルの寿命は、施工品質によっても変わります。
そのため太陽光パネルを設置する際は、施工品質が高い業者に依頼することが大切です。
国家資格や認定制度などを有している業者や、実績や評判が良い業者などを選びましょう。
▼まとめ
太陽光パネルを長持ちさせるには、定期的な点検やメンテナンス・メーカー保証の活用などが重要です。
また、設置後のトラブルを防ぐためにも、施工品質が高い業者に依頼しましょう。
当社は愛知県で多数の施工実績があり、土地や地域に合わせた設置工事を行いますので、設置を検討されている方はぜひご相談ください。

NEW

  • 【注意】産業用太陽光のケーブル盗難事件多発!

    query_builder 2023/10/10
  • 地球温暖化による影響について

    query_builder 2024/06/15
  • 太陽光発電の費用について

    query_builder 2024/06/01
  • 太陽光発電にできる地震対策

    query_builder 2024/05/15
  • 太陽光発電の設置後のトラブルを防ぐ方法

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE