Blog&column
ブログ・コラム

太陽光発電の維持費用の内訳

query_builder 2024/02/15
コラム
27

太陽光発電を設置すると、初期費用だけでなくその後も維持費がかかります。
そのため、設置前にどのような費用がかかるのか知っておくことが必要です。
そこで今回は、太陽光発電の維持費用の内訳についてご紹介します。
太陽光発電の維持費用の内訳とは
■定期点検費用
太陽光発電システムを安全かつ効率的に発電するためには、定期的な点検が必要です。
点検は一般的に年に1回行われますが、設置場所や環境によっては半年に1回や季節ごとに行う場合もあります。
■固定資産税
太陽光発電システムを事業用として使用する場合、固定資産税の対象となります。
固定資産税は市町村が課税する地方税で、土地や建物などの固定資産の価格に応じて納める税金です。
産業用太陽光パネルや後付けで設置する場合は、建物や構造物の一部とみなされます。
■保険料
太陽光発電システムは、火災・落雷・台風などの自然災害や、盗難などの事故によって損傷する可能性があります。
そのため、システムを保護する保険に加入することが推奨されます。
太陽光パネルの廃棄費用
太陽光パネルの寿命は、一般的に20~30年程度です。
その後、パネルの性能が低下したり故障したりする場合があります。
パネルを交換する際は、古いパネルを処分するための廃棄費用がかかります。
▼まとめ
太陽光発電の維持費用として、定期点検費用・固定資産税・保険料・太陽光パネルの廃棄費用などがかかります。
設置する前には、これらの費用を考慮することが必要です。
当社では、太陽光発電の設置に関するご相談やご依頼を承っておりますので、ご質問がございましたら気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【注意】産業用太陽光のケーブル盗難事件多発!

    query_builder 2023/10/10
  • 地球温暖化による影響について

    query_builder 2024/06/15
  • 太陽光発電の費用について

    query_builder 2024/06/01
  • 太陽光発電にできる地震対策

    query_builder 2024/05/15
  • 太陽光発電の設置後のトラブルを防ぐ方法

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE