Blog&column
ブログ・コラム

太陽光発電は固定資産税の対象になる?

query_builder 2024/03/01
コラム
29

太陽光発電を設置すると、さまざまな維持費がかかります。
そこで気になるのが、固定資産税ではないでしょうか。
今回は、太陽光発電は固定資産税の対象になるのか、詳しく解説します。
太陽光発電は固定資産税の対象になるのか
■住宅用太陽光発電の場合
住宅用太陽光発電は、原則として固定資産税の対象になりません。
これは、太陽光発電設備が住宅の付属物として扱われるためです。
ただし、屋根と一体型の太陽光発電設備は住宅の一部とみなされるため、固定資産税がかかります。
また屋根材と同じ形状で取り付けられたものや、屋根材そのものが太陽電池パネルになっているものは課税の対象です。
この場合、太陽光発電設備の価格が住宅の評価額に加算されます。
固定資産税は住宅の評価額に応じて算出されるため、屋根と一体型の太陽光発電設備を設置すると、税額が増える可能性があります。
■産業用太陽光発電の場合
産業用太陽光発電は出力10kW以上の太陽光発電を指し、固定資産税の対象です。
事業を行うために使用するものや、事業から収益を得るために使用するものは、事業用資産として扱われます。
産業用太陽光発電は電力を販売することで収益を得られるため、事業用資産に該当します。
固定資産税は太陽光発電設備の評価額に応じて算出されるため、事前に確認しておきましょう。
▼まとめ
太陽光発電は、固定資産税の対象になる場合とならない場合があります。
住宅用太陽光発電は原則課税の対象外ですが、産業用太陽光発電は課税の対象です。
当社では太陽光発電に関するご相談を承っておりますので、わからないことやお悩みなどございましたら、気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 【注意】産業用太陽光のケーブル盗難事件多発!

    query_builder 2023/10/10
  • 地球温暖化による影響について

    query_builder 2024/06/15
  • 太陽光発電の費用について

    query_builder 2024/06/01
  • 太陽光発電にできる地震対策

    query_builder 2024/05/15
  • 太陽光発電の設置後のトラブルを防ぐ方法

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE