Blog&column
ブログ・コラム

太陽光発電の設置に適した場所

query_builder 2024/04/01
コラム
33

太陽光発電は、太陽光を電気に変える発電方法です。
そのため、設置する場所によって得られる効果が変わります。
そこで今回は、太陽光発電をどこに設置すべきなのかご紹介します。
太陽光発電の設置に適した場所とは
■日当たりが良い場所
太陽光発電は、太陽の光を電気に変換する仕組みです。
そのため、日当たりが良い場所であるほど発電効率が高くなります。
建物や樹木などの陰にならない場所や、南向きの屋根や壁面などを選びましょう。
日当たりが良い場所であれば、一年を通して安定した発電量を得られます。
■傾斜が少ない場所
太陽光発電は太陽の角度によっても発電量が変わり、傾斜が少ないほど太陽の光を直接受けられます。
平らな地面や屋根などに設置すれば、季節や時間帯による発電量の変動を抑えられるでしょう。
■自然災害の被害を受けにくい場所
太陽光発電は、台風や地震などの自然災害によって損傷する可能性があります。
長期的に安全に運用するためにも、自然災害の被害を受けにくい場所に設置しましょう。
地震や津波の危険性が低い場所や、台風や大雨の影響を受けにくい場所などが最適です。
自然災害による被害を抑えられれば、修理やメンテナンスにかかるコストも削減できます。
▼まとめ
太陽光発電は、日当たりが良い場所・傾斜が少ない場所・自然災害の被害を受けにくい場所に設置するのが効果的です。
適切な場所に設置することで、安全かつ効率的に発電できます。
当社では、土地や地域に合わせた機器や設置工事を行っていますので、太陽光発電の設置を検討している方はぜひご相談ください。

NEW

  • 【注意】産業用太陽光のケーブル盗難事件多発!

    query_builder 2023/10/10
  • 地球温暖化による影響について

    query_builder 2024/06/15
  • 太陽光発電の費用について

    query_builder 2024/06/01
  • 太陽光発電にできる地震対策

    query_builder 2024/05/15
  • 太陽光発電の設置後のトラブルを防ぐ方法

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE